top of page

Market Research Group

Public·11 members
Isaac West
Isaac West

持続 勃起 症

勃起障害(ED) 男性の健康上の問題 MSDマニュアル家庭版

持続勃起症とは、「性的刺激・性的興奮と無関係である勃起が4時間を超えて持続している状態」と定義されます。おもに(1)虚血性持続勃起症と(2)非虚血性持続 持続勃起症とは,性的な欲求および興奮とは無関係に疼痛を伴う異常な勃起が持続する状態である。 5~10歳の男児と20~50歳の男性で最もよくみられる。 持続勃起症の病態生 持続勃起症について. 陰茎の血流の増加やうっ滞により、性欲に関係なく持続的に勃起が続く状態のこと. 定義では勃起状態が4時間を超えて持続している. 動脈もしくは静脈の血



さらに読む 検査も行います。.必ずお読みください: 本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。.Brought to you by MSDについて 研究開発 WORLDWIDE.免責事項 プライバシー ご利用条件 連絡先 獣医マニュアル(英語版).持続勃起症 (プリアピズム) 執筆者: Anuja P.原因 評価 治療 要点.知っていますか? 勃起が性的興奮が治まってからも持続し、痛みを伴うようになることがあります。.はい いいえ.医学知識 クイズにチャレンジ Take a Quiz! さらに読む の治療に用いられる薬、うつ病の治療に用いられるものなどの中枢神経系に作用する薬.テストステロン の値が低いと、勃起障害を起こすよりもむしろ性欲を減退させる傾向があります。.陰茎に信号を送る神経が損傷を受けるとEDが起こる可能性があります。 糖尿病 糖尿病 糖尿病は、体がインスリンを十分に産生しないかインスリンに正常に反応しないため、血中の糖分の濃度(血糖値)が異常に高くなる病気です。 排尿が増加し、のどが渇くほか、減量しようとしていなくても体重が減少することがあります。 神経を損傷し、知覚に問題が生じます。 血管を損傷し、心臓発作、脳卒中、慢性腎臓病、視力障害のリスクが高まります。 リンパ腫 リンパ腫の概要 リンパ腫は,網内系およびリンパ系から発生する不均一な一群の腫瘍である。ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に大別される( ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫の比較の表を参照)。 リンパ腫はかつて, 白血病とは全く異なる疾患と考えられていた。しかし現在では,細胞マーカーとそれらのマーカーを評価するツールについて理解が深まったことで,これら Stuttering Priapism.Wang Y, Zhang J, Li H.Narrative review: pathogenesis, diagnosis, and treatment of sleep-related painful erection.Transl Androl Urol.Vreugdenhil S, Weidenaar AC, de Jong IJ, van Driel MF.Sleep-Related Painful Erections-A Case Series of 24 Patients Regarding Diagnostics and Treatment Options.Sex Med.Abouda M, Jomni T, Yangui F, Charfi MR, Arnulf I.Sleep-Related Painful Erections in a Patient With Obstructive Sleep Apnea Syndrome.Arch Sex Behav.Andersen ML, Tufik S.The effects of testosterone on sleep and sleep-disordered breathing in men: its bidirectional interaction with erectile function.Sleep Med Rev.Lau DH, Thompson CS, Mumtaz FH, Morgan RJ, Mikhailidis DP.Serotonin induces a biphasic response in rabbit cavernosal smooth muscle: relevance to the erectile process.Urol Int.Calvet U.Painful nocturnal erection.Shigehara K, Namiki M.Clinical Management of Priapism: A Review.World J Mens Health.Kwok B, Varol C.Priapism and penile gangrene due to thrombotic thrombocytopenic purpura.Fernandes MAV, de Souza LRMF, Cartafina LP.Ultrasound evaluation of the penis.Radiol Bras.Kousournas G, Muneer A, Ralph D, Zacharakis E.Contemporary best practice in the evaluation and management of stuttering priapism.Ther Adv Urol.Junior AR, Schmid BP, Nasser F, Borges LL.The Role of Magnetic Resonance Imaging in the Management of High-Flow Priapism: An Essential Tool when Everything Else Fails.J Vasc Interv Radiol.Johnson MJ, McNeillis V, Chiriaco G, Ralph DJ.Rare Disorders of Painful Erection: A Cohort Study of the Investigation and Management of Stuttering Priapism and Sleep-Related Painful Erection.Ateyah A, Rahman El-Nashar A, Zohdy W, Arafa M, Saad El-Den H.Intracavernosal irrigation by cold saline as a simple method of treating iatrogenic prolonged erection.Mishra K, Loeb A, Bukavina L, Baumgarten A, Beilan J, Mendez M, DiGiorgio L, Fu L, Carrion R.Management of Priapism: A Contemporary Review.Sex Med Rev.Berger R, Billups K, Brock G, Broderick GA, Dhabuwala CB, Goldstein I, Hakim LS, Hellstrom W, Honig S, Levine LA, Lue T, Munarriz R, Montague DK, Mulcahy JJ, Nehra A, Rogers ZR, Rosen R, Seftel AD, Shabsigh R, Steers W.Report of the American Foundation for Urologic Disease AFUD Thought Leader Panel for evaluation and treatment of priapism.Broderick GA, Gordon D, Hypolite J, Levin RM.Anoxia and corporal smooth muscle dysfunction: a model for ischemic priapism.Palka J, DuComb W, Begun E, Soto-Aviles O.Factors Associated With Corporoglandular Shunting for Patients With First-time Ischemic Priapism.Zhao H, Dallas K, Masterson J, Lo E, Houman J, Berdahl C, Pevnick J, Anger JT.Risk Factors for Surgical Shunting in a Large Cohort With Ischemic Priapism.Vreugdenhil S, de Jong IJ, van Driel MF.Ned Tijdschr Geneeskd.Gandhi J, Seyam O, Smith NL, Joshi G, Vatsia S, Khan SA.Clinical utility of hyperbaric oxygen therapy in genitourinary medicine.Med Gas Res.Brant WO, Garcia MM, Bella AJ, Chi T, Lue TF.T-shaped shunt and intracavernous tunneling for prolonged ischemic priapism.Chiou RK, Aggarwal H, Mues AC, Chiou CR, Broughton FL.Clinical experience and sexual function outcome of patients with priapism treated with penile cavernosal-dorsal vein shunt using saphenous vein graft.Segal RL, Readal N, Pierorazio PM, Burnett AL, Bivalacqua TJ.Corporal Burnett "Snake" surgical maneuver for the treatment of ischemic priapism: long-term followup.Zacharakis E, Raheem AA, Freeman A, Skolarikos A, Garaffa G, Christopher AN, Muneer A, Ralph DJ.The efficacy of the T-shunt procedure and intracavernous tunneling snake maneuver for refractory ischemic priapism.Fuchs JS, Shakir N, McKibben MJ, Mathur S, Teeple S, Scott JM, Morey AF.Penoscrotal Decompression-Promising New Treatment Paradigm for Refractory Ischemic Priapism.Baumgarten AS, VanDyke ME, Yi YA, Keith CG, Fuchs JS, Ortiz NM, Cordon BH, Pagliara TJ, Ward EE, Jaderlund JW, Teeple CS, Christine BS, Yafi FA, Hudak SJ, Morey AF.Favourable multi-institutional experience with penoscrotal decompression for prolonged ischaemic priapism.Rees RW, Kalsi J, Minhas S, Peters J, Kell P, Ralph DJ.The management of low-flow priapism with the immediate insertion of a penile prosthesis.Ralph DJ, Garaffa G, Muneer A, Freeman A, Rees R, Christopher AN, Minhas S.The immediate insertion of a penile prosthesis for acute ischaemic priapism.Eur Urol.Zacharakis E, Garaffa G, Raheem AA, Christopher AN, Muneer A, Ralph DJ.Penile prosthesis insertion in patients with refractory ischaemic priapism: early vs delayed implantation.Ralph DJ, Borley NC, Allen C, Kirkham A, Freeman A, Minhas S, Muneer A.The use of high-resolution magnetic resonance imaging in the management of patients presenting with priapism.Muneer A, Alnajjar HM, Ralph D.Recent advances in the management of priapism.Capece M, Falcone M, Cai T, Palmieri A, Cocci A, La Rocca R.Penile Prosthesis Implantation in Refractory Ischaemic Priapism: Patient Selection and Special Considerations.Res Rep Urol.Capece M, La Rocca R, Mirone V, Bivalacqua TJ, Castiglione F, Albersen M, Ralph DJ, Muneer A, Garaffa G.A Systematic Review on Ischemic Priapism and Immediate Implantation: Do We Need More Data? さらに読む , プロラクチン産生下垂体腺腫 乳汁漏出症 乳汁漏出症は,男性または授乳していない女性での乳汁分泌である。一般にプロラクチンを分泌する下垂体腺腫が原因である。診断はプロラクチンの測定および画像検査による。治療はドパミン作動薬による腫瘍の抑制であり,ときに腺腫の切除または破壊が行われる。 乳汁漏出症では母乳の分泌がみられる。 乳頭分泌物一般に関する考察は,別の箇所で行っている。 プロラクチンは,下垂体前葉細胞の約30%を占めるラクトトロフという細胞で産生される。ヒトにおけるプロラク さらに読む )に対する適切な治療が必要である。勃起障害(ED)の発症と時間的関連性が認められる薬剤は中止または切り替えるべきである。うつ病の治療が必要になる場合もある。全例において,患者を(可能であれば常に患者のパートナーも)安心させ教育することが重要である。医師はこの機会を利用して行動変容(例,食習慣の変更および体重の減量)について話し合うべきである。.さらなる治療としては,まずホスホジエステラーゼ阻害薬の服用を試みる。続いて必要に応じて,陰圧式勃起補助具やプロスタグランジンE1の海綿体または尿道内投与(坐薬)など,別の非侵襲的治療法を試みる。侵襲的治療法は非侵襲的な方法が無効に終わった場合に用いる。いずれの薬剤および器具も,無効と判断する前に少なくとも 5回は試すべきである。.経口ホスホジエステラーゼ阻害薬 は,陰茎内で多く存在するホスホジエステラーゼの異性体である,cGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)特異的なホスホジエステラーゼ5型(PDE5)を選択的に阻害する。この種の薬剤としては,シルデナフィル,バルデナフィル,アバナフィル(avanafil),タダラフィルなどがある( 勃起障害に対する経口ホスホジエステラーゼ5阻害薬 勃起障害に対する経口ホスホジエステラーゼ5阻害薬 の表を参照)。これらの薬剤は,cGMPの加水分解を妨げることにより,正常の勃起に不可欠であるcGMP依存的な平滑筋弛緩を促進する。バルデナフィルとタダラフィルは,シルデナフィルと比較して陰茎の血管構造に対する選択性が高いが,臨床的な反応と有害作用はこれらの薬剤間で同様である。比較臨床試験では,これらの薬剤は同等の効力を示している(60~75%)。.アルプロスタジル (プロスタグランジンE1)は,尿道内挿入または海綿体注射により自己投与され,平均で30~60分間持続する勃起を惹起することができる。アルプロスタジルの海綿体注射では,必要に応じて効力を高めるため,パパベリンおよびフェントラミンを配合してもよい。過量投与により,1%以下の患者で 持続勃起症 持続勃起症 持続勃起症とは,性的な欲求および興奮とは無関係に疼痛を伴う異常な勃起が持続する状態である。5~10歳の男児と20~50歳の男性で最もよくみられる。 陰茎は3つの海綿体,すなわち,2つの陰茎海綿体と1つの尿道海綿体で構成される。勃起は,平滑筋が弛緩して陰茎海綿体への動脈血流が増加する結果,充血と硬化がもたらされることで生じる。 持続勃起症のほとんどの症例では,陰茎の萎縮不全が関与しており,最も頻度の高い原因は静脈流出路の閉塞(すなわちlo


About

Welcome to the group! You can connect with other members, ge...

Members